平成三十年六月十二日 朝米首脳会談を祝福する!

朝米首脳会談を祝福する!

2018年6月12日。シンガポールにて史上初となる朝首脳会談が開催が開催された。朝鮮民主主義人民共和国の金正恩委員長とアメリカ合衆国国のドナルド・トランプ大統領が対面し、握手を交わした。途中、会談中止発表やあらゆる困難を乗り越えて開催まで辿り着き、両首脳は共同声明を発表した。

1. 朝鮮民主主義人民共和国とアメリカ合衆国は平和と繁栄を願う両国人民の念願に基づいて新たな朝米関係を樹立していくことにした。

2. 朝鮮民主主義人民共和国とアメリカ合衆国は朝鮮半島で恒久的で強固な平和体制を構築するために共に努力する。

3. 朝鮮民主主義人民共和国は2018年4月27日に採択された板門店宣言を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向けて努力することを確約した。

4. 朝鮮民主主義人民共和国とアメリカ合衆国は、戦争捕虜および行方不明者の遺骨発掘を行い、すでに身元が確認された遺骨を即時送還することを確約した。

これによって、トランプ大統領は韓米合同軍事演習を中止。対話と協議を続け朝鮮敵視政策を改善し、経済制裁を解除する意向を表明した。
今回の朝米首脳会談は、東アジアの平和と繁栄の幕開けである。我々は祝福をする。