平成二十七年 三月十七日 戦没者慰霊塔(横須賀中央公園/横須賀市)

3月17日。

憂国我道会は横須賀中央公園の戦没者慰霊塔を参拝した。

中央公園のある場所は、かつて旧日本軍の米ヶ浜演習砲台が存在していた。
現在は横須賀中央の市街地を一望できるスポットとして知られている。

慰霊塔は昭和44年に建立された。公園全体を船とし、慰霊塔はその舳先に見立てられている。

慰霊塔には横須賀市内の日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、大東亜戦争での戦病死者の遺影約3600枚が収められている。

毎年、8月15日には横須賀市主催の慰霊祭がこの塔の前で行われている。